スポンサーリンク

無料の常時SSL化をコアサーバーでもやってみた コアサーバーでは旧コンパネではなく・・・

スポンサーリンク
無料の常時SSL化をコアサーバーでもやってみた コアサーバーでは旧コンパネではなく・・・
スポンサーリンク

前回、常時SSL化でSEO対策?https://~に変更するのは不利にならない? エックスサーバーでSSL化してみたでエックスサーバーで利用しているURLを「http://~」から「https://~」に変更したわけですが、

 

今回はコアサーバーのサイトを常時SSL化してみましたので、ここでコアサーバーサイトの常時SSL化方法を紹介します。

 

エックスサーバーも簡単に無料SSL設定(常時SSL化)できましたが、

それに比べるとさらに簡単でしたので、コアサーバーを利用しているのにまだSSL化していない方はこの機会に全て設定してみてはいかがでしょうか?

 

そうそう、ついでにWordPressを表示してみたら意外(?)な事もわかりました。

スポンサーリンク

コアサーバーには新コンパネと旧コンパネがある

コアサーバーには2種類のコントロールパネルが用意されています。

新コントロールパネルと旧コントロールパネルですね。

 

コアサーバーには新コンパネと旧コンパネがありました

 

新コントロールパネルは旧コントロールパネルよりもかなり見やすく利用しやすくなっているんですが、
私のように以前からコアサーバーを利用していた人にとっては旧コントロールパネルの方が親しみやすく感じるのではないでしょうか?

 

旧コンパネでは無料SSL化はできない?

『コアサーバーは旧コントロールパネルの方が親しみやすい』と感じる人は
まずコアサーバーの旧コントロールパネルでSSL化を試すのではないでしょうか?

もちろん、旧コントロールパネルにも
「独自IPを使ったSSLの設定、証明書の発行・設定を行います。」
というSSL設定のリンクが用意されています。

 

旧コンパネでのSSL設定もできなくはない

スポンサーリンク

 

しかし、
IPアドレス(SNI対応)のSSL設定もこれといって操作できないし、
SSL証明書のお申し込みからは数万円のSSL証明書を紹介されてしまいます。

 

SSL設定ができないというか有料なので今回はパス

 

もちろん無料でないSSL設定も良いのかもしれませんが、今回の目標は無料SSL設定です!

 

コアサーバーは新コンパネで無料SSL設定!

旧コントロールパネルでダメなら新コントロールパネルだって同じはず・・・と思っていましたが全然違いました。

新コントロールパネルは簡単操作で無料SSL設定の申請ができるのです♪

 

コアサーバーは新コンパネでSSL設定をする

 

新コントロールパネルのダッシュボードから「サイト設定」をクリックすると、
ログインしているサーバーに設定しているサイト一覧が表示されます。

 

コアサーバーの新コンパネでサイト一覧を表示させてみた

 

今回も前回のエックスサーバーのSSL設定時同様、未だに一つもSSL化設定をしていませんでした(;´Д`)オハズカシイ

 

この状態でSSL化したいドメインの「アクション」欄にある「設定変更」をクリックすると、
ドメイン名・転送設定・同期設定・IPアドレス・SSL・PHP・オプション
という項目一覧が表示されます。

 

一つもSSL化していなかったので設定変更をクリックします

 

その中の「SSL」にある「無料SSL」にチェックを入れて「+サイト設定を変更する」をクリックします。

 

無料SSLをチェックしてサイトを設定変更する

 

 

すると「サイト設定を変更しました。」という表記がでます。

 

サイトを設定を変更しました

 

はい、コアサーバーはこれだけで無料SSLが設定の完了です!

 

あれ?ワードプレスの場合は「設定」→「一般」のURLを変更しないとだめ?

コアサーバーは「.htaccess」の変更をする事もなく、コントロールパネルで「無料SSL」にチェックを入れて「+サイト設定を変更する」をクリックするだけで無料SSL化が済んでしまいました。

 

あれ?
WordPress(ワードプレス)ってダッシュボードの「設定」→「一般」の中にあるURLも変更しなければいけないんですよね?

 

・・・しかし!

URLを変更しなくても、すでに「https://~」になって保護された通信として認識されていました。

 

url設定をしていないのにすでに保護された通信になっている

 

たぶんこれだけでも十分なんでしょうけれど、少しでも検索に有利になりそうな事はしておきたいですから、
きちんとワードプレス側のURLも変更しておきましょう。

 

一応URLをhttps://に変更しておきます

 

これでSSL化していないサイトよりも一つ抜きん出る事ができたのではないでしょうかヽ(*´∀`)ノ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク