TOEICってなんだろう?新TOEICと旧TOEICの違いと現在

TOEICとは
Test of English for International Communication
の略称だそうです。

英語のインターナショナルなコミニュケーションのテスト
です。

英語の国際的なコミュニケーションのテスト
ですね。

・・・コミュニケーションの意味を調べたら
「知的・感情・思考の伝達」と出てきたんですが、

スポンサーリンク

日本語にはコミュニケーションにあたる単語がないのでしょうか?

とりあえず今は思いつきませんヽ(´Д`;)ノ

さて、TOEICですが、
『トーイック』と読むそうです。

私はずっと『トエイク』と読んでいましたが、
恥ずかしいのでここで覚えておきましょう!!

『トーイック』!!

2006年には
国際的な環境でのコミュニケーションで使われる英語で、調査、検証を重ねて、
そこで必要な英語能力を評価する為に一部変更が妥当だ!!と判断されたとか(・□・;)

ということで、
『More Authentic(より実践的な)』というコンセプトでリニューアルされ、
アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの
発音を使用したり、長文化したり
色々工夫されたテストになっているそうですヽ(*´∀`)ノ

配点方式は

リスニング  495点
リーディング 495点
―――――――――――――
トータル   990点 

で以前から評価基準は変わっていませんが、

旧TOEICテストと新TOEICテストでは
問題内容が変更されています。

旧TOEICテストは・・・

リスニング45分で
写真描写問題  20問
応答問題    30問
会話問題    30問
説明文問題   20問
―――――――――――――
リーディングセクション75分間で
文法・語彙問題 40問
誤文訂正問題  20問
読解問題    40問
―――――――――――――

新TOEICテストは・・・

リスニング45分で
写真描写問題  10問
応答問題    30問
会話問題    30問
説明文問題   30問
―――――――――――――
リーディングセクション75分間で
短文埋め問題  40問
長文埋め問題  12問
読解問題
 ・1つの文書 28問
 ・2つの文書 20問
―――――――――――――

という感じ。

TOEICは英検と違って、
合否で判定されるわけではなく、
スコア(点数)で評価されるので、
TOEICを知らない方はその辺も注意したほうが良いかもしれません。

TOEICは世界150ヵ国で実施されていますが、

2012年の年間受験者数は
世界で約700万人、
日本で約230万人だそうです。

日本人の割合が多いことから
日本では
このTOEICに力を入れている事が伺えますね。

近年も
多くの企業、官公庁、学校などで採用しているそうですよ。

これで
「使えない」と言われていた日本の英語教育が
変わるといいですね(・∀・)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す