HTTP ERROR 500 の対処方法 今回の場合はPHPのバージョンの相違→エックスサーバーでエラーログを調べてみた。

このページは動作していません。HTTPERROR500の対処方法

このページは動作していません
〇〇〇では現在このリクエストを処理できません。
HTTP ERROR 500

ワードプレスのページを編集してから数時間後、↑このような表示が出てしまった事で何の操作もする事ができなくなってしまいました。
PHPなどのプログラムを変更したわけでもなく突然このような状態になったわけです。

 

HTTP ERROR 500とはサーバーには繋がるけれどプログラムがうまく作動しない場合のエラーらしく、

サーバー料金やドメイン料金の未払というわけではなく、ドメインの設定ができていないわけでもないそうなのです。

 

(エラーログを確認するのが一番なのですが)とりあえずHTTP ERROR 500の場合はしばらく放置する事で復活する事もあるということなので2日間ほど放置してみました。

 

無意味でした゚゚(゚´Д`゚)゚

 

今回はエラーログを確認する事ですぐに解決しましたので、紹介します。

スポンサーリンク

突然やってくる「このページは動作していません」

ちょっと作業している間になぜか瞬間的にアクセスが増えた事が確認できたので喜んでいたのですが、数時間で・・・

このページは動作していません。HTTPERROR500

このページは動作していませんという表示が現れました。

 

エラーナンバーの500というものは初めて目にしたので悩みましたが、

質問回答サイトで「急激なアクセスによるサーバーダウンだよ」と言っている人がいたので、しばらく放置したら直るものだと思い込んで安心していました。

ですが、2日待っても回復しませんでした・゜・(ノД`)・゜・

今回調子が悪くなったワードプレスを利用したサイトを設置しているサーバーがエックスサーバーだという事がわかったので、


スポンサーリンク

エックスサーバーで「よくある質問」のトラブル項目の
“「500 Internal Server Error」というエラーが表示されてホームページが見られません。”
という項目を確認してみました。

 

この項目だけでもいくつか回答があるんですが、一つ目の回答は「自動的にエラーは解消されます」とのことでしたがこれは私には当てはまりませんでした。

 

やっぱり二つ目以降の回答の通りエラーログをダウンロードしなければならないみたい。

正直面倒なのであまりやりたくなかったのですが、このまま無駄に放置するわけにもいかないのでエラーログファイルを取得してみます!

 

とりあえずエックスサーバーにログインしてみる。

エラーログを取得する為にはサーバーパネルにログインしなくてはなりません。

まずはエックスサーバーのトップ画面からインフォパネルにログインします。

 

エックスサーバーにログイン

 

ログインをクリックするとID&パスの入力画面になりますから、ここでIDとパスを入力してログインしましょう。

 

IDとパスを入力してエックスサーバーのインフォパネルにログインしてください。

 

インフォパネルにログインしたら今度はサーバーパネルにログインしましょう。

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログインする

 

エックスサーバーに触れたことがない人にとっては2度手間で少し面倒に見えるかもしれませんが、LastPassなどを使えばそれ程手間でもありません。

 

エラーログをダウンロードする

サーバーパネルにログインしたら、早速ログファイルを確認しましょう。

 

エックスサーバーでログファイルを確認する

 

ログファイルをクリックすると、
ログファイルを確認したいドメインを選ぶことができます。

 

ここで確認したいドメインの右にある「選択する」を選択しましょう。

 

チェックするドメインの確認を選択する

 

すると
「アクセスログの一覧」
「エラーログの一覧」
「保存期間の設定」
から好きなものを選んでダウンロードや設定をする事ができるので、

「エラーログの一覧」を選んでダウンロードしてしまいましょう。

 

エックスサーバーでエラーログをダウンロードする

 

ダウンロードしたエラーログファイルはTeraPadで開いてみよう!

 

ログファイルをダウンロードしたらテラパッドで開いてみよう

 

ダウンロードしたエラーログファイルはメモ帳で開くことができます。

 

メモ帳だと改行なくならんでしまう

 

けどメモ帳で開くとわからない人には本当にわからない文字の羅列になってしまうんですね。

なので、面倒でなければ是非TeraPadで開いてみましょう。

 

テラパッドなら綺麗に並ぶ

 

もちろんTeraPadで開いてもわからない人にはわからない文字の羅列なんですが、メモ帳で開いた時よりも綺麗に並んでいるので少し安心ですね!

TeraPadは窓の杜でダウンロードする事ができます。

 

どんなエラーなのか確認する

エラーログファイルを開いたらエラーの原因を確認しなければなりません。
エラーの原因には色々な物事が考えられるのでしょうけれど、今回は「プログラムの記述内容に誤りがある」という項目に当てはまりました。

どうしてそれがわかったのか?

 

エックスサーバーで、
よくある質問
トラブル
「500 Internal Server Error」というエラーが表示されてホームページが見られません。
という項目を調べてみると、

 

以下のような文章が見つかりました。

プログラムの記述内容(CGI/PHPのソースコード)に誤りがある
CGI、PHPへのアクセスに際して「syntax error」「Call to undefined function ******()」「failed to open stream」などのエラーが発生している場合、ご利用のプログラムにおける記述上のミスや必要ファイルの不足、PHPバージョンの相違等によりエラーが発生している可能性が考えられます。

※エックスサーバーではCGI、PHP等のプログラムに関する技術的なサポートはいたしておりませんので、ご了承ください。

要はTeraPadで開いたファイルの文章の中に「syntax error」「Call to undefined function 」「failed to open stream」のいずれかの文が含まれていればこのエラーに当てはまるって事ですね。

 

エラーを簡単に検索する

TeraPadで開いたエラーログファイルは綺麗に並んでいるわけですが、この中からエラー文面を探すのはしんどいですよね?(||´Д`)o

なので、ショートカットキーのCtrl+F(CtrlキーとFの同時押し)で検索窓を表示させましょう。

 

エラーを検索

 

まずは「syntax error」を入力して検索してみました。

 

「syntax error」が見つかった

 

見つかりました(´Д`;)

これで
プログラムにおける記述上のミスや必要ファイルの不足、PHPバージョンの相違等によりエラーが発生している可能性
がほぼ確定です。

PHPバージョンをさっさと変えてあげる

いままでプログラムを変更した事はないのでPHPバージョンの相違が一番の原因である可能性がでてきました。
って事でPHPバージョンを変えます!

エックスサーバーでのPHPバージョンの変更は簡単♪

 

サーバーパネルの「→PHP Ver.切替」を選択して、

 

エックスサーバーでPHPVerきりかえwo

 

PHPバージョンの切り替えをしたいドメインを選択。

 

エックスサーバーでPHPVerきりかえしたいドメインを選ぶ

 

今回はPHP5.3.3で不具合が起きたので、推奨されているPHP7.1.2に切り替えます。
(数ヶ月前まではPHP5.3.3が推奨されていた気がしますが、ワードプレスなどのバージョンアップについていくにはPHPの切り替えもこまめにチェックしておかないといけないようですね(`・ω・´)/)

「PHPバージョン切替(確認)」をクリックして終了!

 

これでPHPバージョンの切り替え完了です。

HTTP ERROR 500の原因はこれだけじゃない

今回のHTTP ERROR 500はPHPのバージョン切り替えだけで解決しましたが、原因が他にある場合もあります。

その時々で対処方法は変わりますが、結局の所エラーログファイルのダウンロードとチェックはしなければならないことなので、今までエラーログのチェックをした事がない人は一度確認してみると良いかもしれませんよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク