温帯低気圧の意味や熱帯低気圧との違いってなんだろう?

よく台風情報の時に耳にする言葉

『台風○号は温帯低気圧に変わりました。』

 

そもそも『温帯低気圧』とはなんだろうか!?

と思いませんか?

『温帯低気圧』は簡単に言うと、

暖かい空気(暖気)が上に行き、

冷たい空気(寒気)が下に行くときに発達する『低気圧』のとことです。

 

じゃあその『低気圧』ってなんなの?

スポンサーリンク

という疑問ですが、

周囲よりも気圧が低い部分を『低気圧』というんです。

 

『低気圧』と言っても1気圧(1013hPa)よりも気圧が高いときもいっぱいあるんですよヽ(´Д`;)ノ

 

あくまで“周囲”よりも気圧が低い状態を『低気圧』というのであって、

標準気圧よりも低いことではないんです!!

 

どうです?為になったでしょ?(*´∀`*)ノ

 

 

じゃあなんで『温帯低気圧』は“温帯”なのか?ですが、

 

温帯気候の地域で発生するからです。

 

赤道からの暖気と両極からの寒気が温帯気候の地域で接触して発生!!

それが『温帯低気圧』です。

 

 

そういえば、『熱帯低気圧』という言葉は聞いたことがありますか?

『温帯低気圧』と『熱帯低気圧』 何が違うんでしょう?

 

違いは簡単♪

 

『温帯低気圧』は温帯気候の地域で発生するのに対して

『熱帯低気圧』は熱帯から亜熱帯の海洋上で発生するんです。

 

よく甚大な気象被害を起こすハリケーンやサイクロンなどは

この『熱帯低気圧』の風速が強い状態の事なんですね。

 

冒頭で話した『台風○号は温帯低気圧に変わりました。』という言葉ですが、

『低気圧』であることに変わりありません。

 

『台風』も『温帯低気圧』も『低気圧』なんです。 違いは風の強さだけ!!

 

だから、『台風○号は温帯低気圧に変わりました。』と報道があった後でも

甚大な被害がある時があるでしょう?

 

『温帯低気圧だから安全』ではないんですね((((;゚Д゚))))

 

台風  =秒速17m以上の風

温帯低気圧=秒速17m未満の風

 

そういえば、

温帯低気圧について分かりやすく解説されたペーパーモデルがあるのを知っていますか?

国立科学博物館オリジナルで 公式ホームページで購入することができます。

 

飛び出す絵本というかペーパークラフトというか、

とにかく、楽しく『温帯低気圧』を学ぼうというものですね。

 

『温帯低気圧』をピンポイントに作られてる教材は珍しいですよね(☆∀☆)

スポンサーリンク

2 Responses to “温帯低気圧の意味や熱帯低気圧との違いってなんだろう?”

  1. とおりすがり より:

    まちがえてますよ

    • siritai より:

      間違った部分がありましたらすみませんm(_ _)m

      一応調べて記事を作成していますので、できればどの部分が間違っていたのか教えていただけませんでしょうか?

コメントを残す

スポンサーリンク