お中元の時期はいつから?贈っても失礼にならない時期は?

お世話になっている方に
あなたはお中元を贈っていますか?

お中元って贈りたくても
忙しかったり、忘れていたりして
なかなか贈れなかったりしますよね?

贈るのが遅くても早くても失礼になりそうなお中元ですが

いつ贈れば失礼にならないのでしょうか?

スポンサーリンク

◆お中元の時期はお盆まで?

通常であれば
お中元の時期は7月初めのころから7月15日までに贈る物のようです。

しかし!
8月の初めのころから8月15日までに贈る人もいますよね?

 

これって地域の風習によって違うんだそうです。

田舎の家

お中元で忙しくなるヤマト運輸の夏の繁忙期は

7月初めから8月のお盆が終わる頃までで、
繁忙期の間中は「お中元」と書かれた品物が届く。

と聞いたことがあるので、

現在は地域に関係なく
7月初めから8月中旬頃までお中元が贈られているようです。

 

けど、
決まりごとにウルサイ人もいますからね(^-^;

相手方の地域情報を調べて贈るのが1番間違いないのかもしれません。

 

◆のしの文字も時期によって違う?

のしについても

贈る時期によっては

「お中元」
「暑中見舞い」
「残暑見舞い」

となりますが、

お中元のし

スポンサーリンク

贈り物の「お中元」「暑中見舞い」の表記は結構微妙な所で、

相手方の地域のお中元の時期を過ぎたら「暑中見舞い」として
のしを付けて贈ってもいいかもしれません。

 

また、
「暑中見舞い」「残暑見舞い」の表示時期も微妙で、

だいたい「暑中見舞い」と書くのは立秋までなんだそうです。

 

ですが立秋は8月7日頃なので
(地域によって)まだ「お中元」と表示していてもおかしくないですよね?

 

8月15日を過ぎれば日本全国的にお盆の時期は終わっているので
「残暑見舞い」で間違いないんでしょうけど(^ー^)

 

◆宅配便でのお中元の前にはお手紙を!

贈る時期も大事ですが
最近ではお中元を宅急便や佐川便、郵便などを利用して
遠くの方に贈ることも少なくないですよね?

 

相手が家に居そうな
お盆の時期に重ねて贈ったり、

土日に合わせて贈ったりすることってあると思うんです。

 

ですが、
休日って結構外出していることが多いんですよね(^-^;

 

お盆のイベントに出払っていたり、
旅行に行っていたり・・・

ポスト

そんな時でも相手方が気持ち良く受け取れるように
お中元を贈るちょっと前くらいにお手紙ハガキを書いて出しておいてはどうでしょうか?

 

配達員さんの負担が減ることはもちろんですが

傷んでしまうものだったり、
形が変わりやすい物っだったりした場合、

相手方の手元には早めに届けられた方がお互いに気分がいいでしょうし、

相手方も「贈られて来る」という気構えができていれば

「いらないのに」
「困るわ~」
「お返しはどうしましょうかしら」
な~んて難しい気持ちにならないで済みますからね♪

 

◆気持ちを形にするのがお中元!

最近では
お互いに面倒になってしまうので
お中元を贈らない方も増えていますが、

お互いの関係を保つためにも
自分の想いを届ける為にも
まだまだ贈っておきたいお中元!

ビジネスウーマン

相手方の気持ちを考え、マナーを守り、
自分なりの贈り物で気持ちのいいやりとりが出来ると良いですね。

 

◆お中元についての注意!!

ちなみにお中元は贈り物であってお祝い物ではありません

がっかりしちゃった

お返しを期待するのはやめましょう(~_~;)

スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク