日米防衛協力のための指針ってなに?

日米防衛協力のための指針ってなんでしょう?

日本とアメリカが
お互いに防衛するために協力しましょう!

って事だとは思いますが、

それでは「日米防衛協力のための指針」は?

分かりやすくいうと、

スポンサーリンク

もしも日本が
他の国に攻撃されたとき・・・

もしも日本の周りの国が
戦争を始めたとき・・・

自衛隊とアメリカの軍隊(米軍)が
協力するためにどうしたらいいのか?

それらをしっかりと取り決めた
ガイドラインの事を

「日米防衛協力のための指針」と言います。

この「日米防衛協力の為の指針」が決められたのは
1978年!!

 

ソ連が日本へ攻めてくるとしたら、
そのときはどうしましょう?

って考えを一番に考えられた内容でした。

 

1997年には

北朝鮮の核開発がちょっとヤバそうだ!!

って事で、

朝鮮半島での戦争やら
その周辺で起きる大問題をどう解決しようか?

という考えも盛り込んだ内容に改定されました。

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_09_PAK85_kokkaisyoumenmidori20140905500-thumb-1000xauto-5322

もし隣国が「戦争」を起こしたとき、
日本もその「戦争」に参加するのか?

というとそうでもなく、

一応日本は日本の憲法の範囲内で行動しましょうよ。

って事になっていたので
戦争に参加するということはありませんでした。

けど、集団的自衛権となるとどうか・・・

 

徴兵とかやだな・・・(;´Д`)

 

といっても「日米防衛協力の為の指針」は絶対ではなく、

日本、アメリカの経済状況や政府の考え方次第で
柔軟に対応する事になっていますが、

どちらの国も“平和的解決”を望んでいるので
出来るだけの事はしないと
信用はなくなっちゃいますよね。

 

信用を持続する為の決まりもあって、

1.情報交換はしっかりしましょうよ
2.お互いの安全を保障するために日頃から協力しましょうよ
3.もしもの為にお互いに訓練・演習をしましょうよ

という内容は両国で常に守っていかなければならないです。

もしもの自体が起きてしまったら!?

1.お互いに情報交換をして、必要な準備をして自体が拡大しないように頑張る。
2.日本が攻撃されたら、自衛隊と米軍で協力しまくって超頑張る。

日本の周辺で日本が平和でなくなる可能性があった場合は!?

1.日米間で、ちゃんと同じ考え方をしているか確認して行動する。
2.お互いに支援しながら問題を拡大させないように超頑張る。

効果的に防衛するためにはどうしたら良いのか?

1.共同の基準で考えて、一緒に作業する。
2.お互いにどんな範囲で行動したら良いのか、日頃から調整する。

な~んていう決まり事をもっと詳しく難しく、
もっとたくさん内容で、

何年かごとに内容も強化して

アメリカと日本の間で約束しています。

 

上手くいっていない会社なんかでは
ぜひ取り入れて欲しい内容ですよね。

「会社と社員防の衛協力のための指針」
みたいな。

どうでもいいことで社内で揉めている会社ってけっこうありますし(;・∀・)

 

うーん、

「日米防衛協力のための指針」の為に

米軍基地って超重要ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク