IMFとは「国際通貨基金」の事ですが、簡単に言うと・・・

『IMF』とは国際通貨基金のことです。

とは言っても
『国際通貨基金』って何よ?
というところですよね。

調べてみても結構難しい説明をしている人が多いので、
出来るだけわかりやすく説明したいと思います。


まず、『世界恐慌』って知ってますか?

『世界恐慌』は世界中で起きた経済恐慌のことです。

恐慌とは、簡単に言うと『パニック』のことですね。

スポンサーリンク

つまり!『世界恐慌』とは
世界的な経済パニックのことです(((゜Д゜;)))

 

お金がないよ~!!困ったよ~!!・゜・(ノД`)・゜・

 

ということですね。

じゃあ『国際通貨基金(IMF)』とは?

『世界恐慌』になった原因をもう一度引き起こさないために
通貨と為替相場の安定を目的にした国際連合の専門機関のことです。

もっとわかりやすく説明すると、

世界中の皆がお金に困らないようにするところです。

本部はワシントンD.C,
2013年3月時点での加盟国は188ヵ国
スタッフは144ヵ国の2500人くらい

加盟国の経済状況が悪くなったときなどに
融資などをして

・国際貿易の促進
・加盟国の高水準雇用や所得の増大
・為替の安定

などをします。

他にも
為替相場安定の為に『為替政策の監視』なども行っているようです。
『など』を多用してしまいましたが( ̄▽ ̄;)
そのときの経済状況とか、国の状況に応じて
やることが違うだろうな~ってところから、

『など』を多用してみました。

 

設立されたのは1946年3月で、
最初の加盟国は29ヵ国だったようです。

設立は1946年でしたが、
IMF協定が発効して業務を開始したのは
1947年3月でしたよ!!

ちょうど1年後ですね。

テストに出るかどうかはわかりませんが、
覚えておくとちょっと鼻が高いですね(笑)

 

ついでに覚えておくと良いのが、
『IMF』の正式名称でしょうか。

『IMF』の正式名称は
『International Monetary Fund』です。

『International』=『国際』
『Monetary』  =『金融』
『Fond』   =『基金』

『International Monetary Fund』=『国際通貨基金』
ですから、

『金融』≠『通貨』
と覚えておけば覚えやすいと思います。

『国際通貨基金』や『IMF』はニュースでも
たまに出てくる言葉ですから、

ここで覚えた事を、ぜひ身近な人にドヤ顔で話してあげてください(・`∀´・)

スポンサーリンク

コメントを残す

スポンサーリンク